オーシャンファミリーとは

「海は面白くて楽しい」「海はすばらしい」そして「海は大切だ」を合言葉に、次代を担う子どもたちを中心に海の環境教育に関する事業を行い、地球環境の保全と、持続可能な社会作りを目的に活動をしています。
年間を通じてスノーケリングや磯の生きもの観察などの自然体験活動を行い、魚や海の生きものについて学び、さらに海から地球環境全体を考える学びの場を提供しています。

モイヤー先生と設立の経緯

1995年、東京都三宅島にて、世界的な海洋生物学者であるジャック・T・モイヤー先生が海洋環境教育事業を行うために現在のオーシャンファミリーの前身となる「海洋自然体験事業所」を設立しました。

40年以上に渡って三宅島で暮らしクマノミの性転換やヤッコ属の繁殖生態など、数々の業績で知られるジャック・T・モイヤー先生は、人間による自然環境の破壊に早くから注目し、それを防ぐためには教育がいちばん大切との信念から、子供たちを中心とする数々の環境教育プログラムを手がけてきました。
2000年の噴火による全島避難、また、2004年にモイヤー先生の逝去とつらい事が続きました。
しかし、20年以上前から先生が危惧していた環境破壊はより拡大し、環境教育の大切さは重要さを増す一方です。
私たちは先生の遺志を継ぎ、「子どもを海で元気に、元気になった子どもが海を元気に」を合言葉に、活動を続けてまいります。

代表ごあいさつ

モイヤー先生が
「三宅島サマースクール」をスタートし、40年。
今年の夏も、多くの子ども達が
三宅島のパワフルな自然を体験しました。

噴火により2002年から拠点を移した葉山では、
未就学~中学生、親子を対象にした通年スクールを
10クラス開講し、今年度の参加者は約200人。
ありがたいことにほぼ全てのクラスがキャンセル待ちとなっていますが、
より多くの方に自然体験を提供できていない
もどかしさも感じています。

一方、この40年で世界はどうなったか。
モイヤー先生が危惧していた環境破壊は拡大し、持続可能性の危機が叫ばれ、
自然の楽しさ・素晴らしさ・大切さを感じるリアルな原体験は
その重要さを増す一方です。

これからのオーシャンファミリーはどう在るべきか。

スクールを通じてひとりの子と深く長く関わることで、
世界をガラッと変えるイノベーターを育てること。
それに加え、より多くの方に自然に触れる機会を提供し、
経済成長で犠牲にされてきた自然のリズムを
地球環境だけでなく、私達人類にも取り戻すこと。

これまでの40年の経験をさらに一歩前へ進め、
人と自然と社会をつなぐ。
自然のリズムで世界を幸せにする。

そのために、
現在の拠点をリノベーションし、
いつでも誰でも利用できるビジターセンターの開設を目指しています。

私たちと同じ価値観と問題意識を持つ皆さま。
ぜひ力を貸してください。
人と自然と社会が幸せに循環する世界を実現するために。

 堀 龍太

Mission, Vision, Value

Mission

 使命

「人と自然と社会をつなぐ」
~自然のリズムで世界を幸せにする~

Vision

目指す状態

「人と自然と社会が幸せに循環している世界」

Value

価値観

➀「自分も自然の一部だと認識する」

自然を自分と切り離された外部として観察するのではなく、自分自身もその循環により生かされている一部だという事実を体験を通じて深く認識することは自然を守る次世代を育てる上で最も大切なことだと考えています。

➁「主観を大切にし、体験により育む」

この豊かな自然環境を維持するためには、自然を好きで大切にすることが最も大切なことですが、それだけでは十分ではありません。既存の価値観や仕組みをガラッと変える改革者が社会には必要です。そんなchangemakerが生まれる土壌となれるよう、答えを教えるのではなく問いを提示することで、現在の価値観による客観的な評価ではなく、自分がどう感じ何をしたいのかという主観を大切に育んでいきます。

➂「開く:Think globally, act locally!」

One ocean, one peopleという言葉があるように、海は全てつながっていて、人類はヒトという同じ種の仲間です。自然環境を考えるには、自分が生活する場所で行動することと同時に、地球規模で考えるマクロな視野が必要です。

うんぱぱ

堀 龍太(ほり りょうた)
認定NPO法人オーシャンファミリー 代表理事
B&G葉山海洋クラブ 代表
 
 
1981年、岐阜県大垣市生まれ。国際基督教大学大学院中退。
2005年、社会人アメリカン・フットボールチームの「オンワードスカイラークス」で日本一決定戦ライスボウル優勝。
日本人初のNFL選手を目指し、NFL Europeリーグの「Amsterdam Admirals」及び「Hamburg Sea Devils」でプレー。
2010年に引退後、5年間の民間企業勤務を経て、自然に根ざした生活をすべく葉山に移住。
2015年、前代表の海野と出会い、オーシャンファミリーの一員に。
2023年、代表を引き継ぎ、現在に至る。